社宅にピッタリの物件を探そう【企業向け賃貸をカンタン検索!】

社宅を整備する必要性

アパート

企業側が社宅用の物件を管理する事には法人向けサービスならではの魅力があります。社宅は企業が社員のために家賃の大部分を負担するというものではなく、経費削減にも効果があるのです。育児休暇手当や社員旅行と同じように福利厚生として一般的な社宅は企業側で借り上げる必要があり、住宅手当の対象にはなりません。そのため給与ではなく経費として落とせるというメリットがあります。社宅が整備されている場合には入社希望者が増えることも期待出来るでしょう。福利厚生を充実させて社員の満足度を向上させたい場合には社宅に最適な物件を探すのも悪くありません。東京で社宅を借り上げる際には様々な手続きが必要になるのですが、社有か借り上げかによってメリットとデメリットがあります。

東京には様々な賃貸物件がありますが、企業に最適な物件も多いと言えます。社宅には企業側が資産として運用する社有社宅と物件をまるごと借りる借り上げ社宅があります。企業側の資産となる社宅の場合には建物をまるごと所有する事になるため運用するために初期投資が必要になるのですが、礼金の支払いなどをせずに社員に利用してもらえます。しかしその半面入居者が居ない場合のリスクもあるため、資産価値が落ちてしまう事もあるでしょう。借り上げの場合は莫大な初期投資の必要がなく管理会社に維持を任せることが可能なので運用は楽になります。東京で社宅に最適な物件情報を扱う不動産会社では建物を丸ごと賃貸として提供しているサービスを見つけることも可能なので、担当者に最適です。経済面の負担額に大きな差があるので、東京で物件を探す際には事前に確認しましょう。